決してホモでも○○でもありません。
by t-Fiction


もんもんもん

小説を書こうと考えています。

おおまかなストーリーは、

男がネコと心中する話です。(「サボテンとバントライン」が元ではありません)

これだけで、すでに悲しい雰囲気と、イタい感じが伝わってきます。

会社の企業に失敗して借金だらけになった男が、近所を徘徊するノラネコとともに自殺を考えるわけです。

そっから先は、まだ考えてません。

でも一応、ちょっと考えました。

ネコを捕まえようとするうちに、汚い工房を見つけて、セイジという少年が現れ・・・、

とか。

パクリですけど。

筒井康隆と町田康と中原昌也の鼎談で、筒井康隆が言っていたけど、やっぱ壊れた小説を書きたいです。

まあ、どーせ書きませんけど。

自堕落~。自堕落~。
[PR]
# by t-Fiction | 2006-10-09 00:50 | 悶々

身も心も・・・

お久しぶり。

日記の書き出しにはふさわしくない文句ですが、本当に久しいのでつい。

あれですね。日記って書かないで放置しておくと、その期間に比例して書く気が失せません?

まあ、結核で入院してたとか、書けば、誰もわかりやしないのですから、そんなウソでも簡単につけます。

書かない理由など。

何とでも・・・。

てことで、実はブタ箱に入ってました!

ウソかな?ホントかな?(敵かな?味方かな?)

そういや、何でブタ箱っていうんだろう?

ブタはキレイ好きなのに・・・。
[PR]
# by t-Fiction | 2006-09-20 00:22 | 廃人

嗚呼


感情的になるな。

この荒れくれた世の中で、感情的にならずにいられるのは、ロボトミー人間だけだ。

日々、狂った人間が何かしら事件を起こし、いや、狂ってない人間が事件を起こしているのだ。

わぁー!

っと言わないけど、言わないけども、いい加減慣れてきた。

麻原の4女は、マトモなのか・・・。
[PR]
# by t-Fiction | 2006-08-30 22:58 | 悶々

ディープ・イエロー


そういえば、先月、山に入った老婆が射殺されるという事件がありました。

この事件の真相は、山で猟をしていたオジサンが誤射し、老婆を殺してしまったということでした。

オジサンは「猿だと思った・・・」と容疑を認めました。

で、「ふざけるな!人と猿は違うだろ」とかいうわけですが、

仮に、誤射してしまったオジサンがアメリカ人だったら、こう反論するでしょう。

「イヤ・・・日本人、黄色イ猿ジャン」

ま、こんなこといったら、このアメリカ人は殺されますけどね。

竹やりで。

これはアメリカ人だったと仮定した場合で、オジサンは日本人です。

その日本人(オジサン)が「いや・・・黄色い猿に見えた」と、いったら・・・

でも、実際このオジサンは「猿だと思った・・・」とコメントしているわけですから、

つまり、これは「黄色い猿に見えた」ということではないでしょうか。

ということは、このオジサンは全国に向かって「黄色い猿に見えた」と発言したのです。

いくらなんでも、人と猿を間違えるはずはありません。

・・・いや、

あるか?

背の低い腰の曲がった老婆・・・

猿・・・

わからん!

とりあえず、イエローモンキーは偉大だ!
[PR]
# by t-Fiction | 2006-08-28 09:48 | 乱心

この愛はメッセージ


しりとりも、書かなくなりましたし、というか、書くネタもなかなか見つからなくて・・・。

「体力の限界・・・ッ!」ってほどおおげさなもんじゃありませんが、しりとりは引退します。

で、しりとりを書かないのに、タイトルが「しりとりエッセイ」では誤解を招く恐れがあるので、ここにブログ名の変更を宣言します。

新たなブログ名は・・・、

「戦場のボーイズ・ラブ」

です!

元ネタは、言わずと知れた天才ミュージシャン小沢健二の名曲「戦場のボーイズ・ライフ」です。

オザケンファンの僕としては、尊敬の念を持って、命名しました。

ひとつ間違えてはいけないのが、ボーイズラブではなくて、ボーイズ・ラブであるという点です。

そこのところを酌んでいただければな、と思います。

心機一転、とっぴでもないことを書きたいところですが、今日はこのへんで・・・。
[PR]
# by t-Fiction | 2006-08-25 12:37 | 思想

退屈という理屈


成人式以来、中学の友人知人とは会っていなかったのですが、この間久しぶりに会って飲みに行きました。

会うたび毎回そうなんですが、話題は必ず中学校の頃の思い出話になります。

近況→女の話→中学ネタ がお決まりの順番です。

今回も例外ではなく、中学のネタで大うけしてました。

いつも同じネタなのに必ず笑うってスゴイですよね。芸人殺しってヤツですね。

「ISSAっ!ISSAっ!」

これだけで腹筋が割れるほど笑えてしまうのです。

誰にもわからない、中学の同級生しかウケないネタ「ISSA」。

普段あんまり感じませんが、中学校の頃って意外に楽しかったんだなぁと同級生に会うたびにそう思います。

色黒の友人を「ニガー」なんて気軽に呼んでいたなんて、今じゃ考えられません。
[PR]
# by t-Fiction | 2006-08-16 10:33 | 日記

マニーぷりーず


だれか、100万ください。

金なんて溜め込んでも幸せにはなれませんよ。

あんな紙切れ、所詮、紙切れですよ。話し相手にもなってくれなければ、抱きしめてもくれません。

そんな薄情で、威圧的な紙くずを、いちまんえんを100枚ばかりください。

いや、「ください」というより、「もらってあげます」ですね。有効に処理してあげます。

いちまんえんを100枚よこすだけで、ぼくと知り合えるばかりじゃなく、気持ちも財布も軽くなり、100万じゃ買えないような幸せを手に入れられます。

どうです?ぼくに100万を渡してみませんか?

きっと後悔はしませんよ。

何に使うかって?

そりゃ、競馬さ!

最悪でも倍にする自信はあるぜ!

なんてね。ウソぴょん。

ギャンブルなんて糞喰らえ。

100万で、アメリカに行きます。撹乱しに。
[PR]
# by t-Fiction | 2006-08-03 01:53 | 日記

うわ、ゴミだらけ・・・


いつだったか、膀胱がヤバいと書きましたが、今はもう何もヤバくありません。

今、ヤバいのは夢の島(東京・江東区)です。

ここは、ホモの楽園だそうで、「裸で歩く」というのは「Fuck me!」というホモ同士の合図らしいです。

そのホモの島で、以前から問題視されていたことだったにも関わらず、また夢の島で惨劇が起きました。

「ホモ狩り」です。

不健康なスピリッツのボーイ達が、遊び半分金半分でホモの方たちを襲撃するという事件が多発しているのです。

いちご狩り、キノコ狩り、ぶどう狩り、親父狩り、オタク狩り・・・、そして、ホモ狩り。

一番金になるのは、やはりオタク狩りでしょうか。親父は金もってそうにみえて、持ってない場合があります。それでリスクを負うのは危険です。(狩りに徒労は禁物です。)

一方、ホモ狩りはといえば・・・どうなんでしょう。

金になるのでしょうか。これだけ多いということは、ホモ狩りは金になりんでしょうね。

やってみようか・・・なんてヘヴィーな考えおこさないで下さいね。

ホモにも人権はあるんだ!

人権を認めた上で、狩れ!

以上!


最近、やけに近づいてくる友人に少し身の危険を感じる今日この頃です。
[PR]
# by t-Fiction | 2006-08-02 00:08 | 日記

サボってるわけじゃない。これは義務ではないのだ!


いやぁ、気づいたら2週間ほど、更新してませんでした。

色々と、忙しくてこんなの書いてる暇がありません。

「ブログを書く」なんて、「エロ本を捨てに行く」ぐらい面倒くさい行為になってしまいました。

学校が休みの時は、暇で暇でブログを書いてましたけど、今はもう状況が違いますからねぇ。

まあ、1週間に1回更新できれば良いかなと考えています。

さて、何を書こうか・・・。

急性アル中で救急車で運ばれた話。ipodが当たった話。左の膀胱が痛む話。

サボってたので、ネタは溜まってます。

どれにしようかな神様の言うとおりをやると、左の膀胱が痛む話になります。

じゃ、

今度、書きますね。

楽しみにしていてください。

そのころには、膀胱がヤバイことになってるかもしれないので。
[PR]
# by t-Fiction | 2006-07-23 00:59 | 日記

やっほー!新感線


杉本哲太といえば、”チャリ泥棒”というように、ちょっとしたことで思わぬレッテルが貼られることがある。

この”チャリ泥棒”は、僕が勝手に杉本哲太に貼り付けたイメージなんだけど、払拭できないほど、印象深い出来事だったのだ。杉本哲太がチャリをパクッたということが。

俳優が、結構有名な俳優が、駅前に停めてあったチャリンコをパクるだなんて、芸能人といえどもやっぱりただの人なんだな、という感じがした。

そして何よりも、”杉本哲太がチャリをパクッた!”ということ(事実)が、フレーズが笑える。何かのネタみたいで。

このように、ちょっとした”事故”が他人のイメージに深く刻み込まれることがあるのだ。

僕の場合、杉本哲太は”チャリ泥棒”という形でレッテル貼りされている。



最近、僕は”キレキャラ”というレッテルを貼られているようだ。

別にキレたような記憶はないのだけど、キレたかのような言動を起したことが問題らしい。

それは、ゲーセンで久しぶりにUFOキャッチャーをしていたときのこと。

友人の1人がオダギリジョーがCMで使ってるカードが欲しいとい出だし、UFOキャッチャーで取れるということなので、近くのゲーセンに行った。

確かにオダギリジョーのカードがあった。

友人は早速、UFOキャッチャーに500円投入。長期戦に持ち込んだ。

でもなかなか取れない。箱に入ったカードは、つかみ辛いみたいだ。

結局、2000円使っても取れなかった友人は、僕にもやれという。

仕方ないので、100円だけやることにした。

貴重な100円に魂を込める。全力で100円を投入する。

力の限りレバーを操作する。

レバー折れる。

いや、折れたというか、取れた。

オダギリジョーのカードは取れなかったけど、レバーは取れた。

それを見た友人は、「何やってんの?!」と驚き、軽く引いている。

「いや、何か取れた」

「取れたじゃねえよ、早くバックれようぜ」

で、バックれてしまった。

レバーは景品取り出し口に放置した。

友人は、僕が景品が取れなかったからキレてレバーを引きちぎった!と思ったみたいで、その話を大学で言いふらした。

景品が取れなくて、キレてレバーを引きちぎるって、どんなやつだよ。

今どきヤンキーでもそんなことやらない。

勘違いも甚だしい。

しかし、その勘違い、思い違いは僕に”キレキャラ”のレッテルを貼った。

たった一度の過ちが取り返しのつかないことになる。

あと、できれば、”キレキャラ”じゃなくて、”クラッシャー”の方が良いな。と思ったりする。

レバーを壊して、ほったらかしてしまったことも痛い。

「レバー、取れてました」と、店員に報告すべきだったよ。



杉本哲太ほどおもしろい”事故”じゃなかったけど、とんでもないレッテルを貼られてしまった。

やっぱ、哲太には勝てねぇ・・・。
[PR]
# by t-Fiction | 2006-07-08 08:15 | 日記